TOP > 【新潟駅 Part2】越後を堪能「あがの姫牛VS越後もち豚」と「海老づくし」で満たされた。

【新潟駅 Part2】越後を堪能「あがの姫牛VS越後もち豚」と「海老づくし」で満たされた。

 

 

 

こんにちは!駅弁ライターのくろいしです ʕ•ᴥ•ʔ

 

 

「新潟駅 Part1」の特集では新発田三新軒さんの「えび千両ちらし」や「まさかいくらなんでも寿司」を紹介しましたが、新潟の駅弁はまだまだあるということで、新潟駅弁の老舗「神尾弁当」さんの駅弁2つを紹介していきます。

 

 

 

牛と豚のコラボ「あがの姫牛VS越後もち豚」

 

新潟ブランド牛「あがの姫牛」と、「越後もちぶた」の角煮、肉団子を一箱で楽しめるという、新潟の肉、良いトコ取りといって過言でない駅弁。

 

 

 

レトロな木目調のパッケージ、素材は紙。

 

 

蓋を開けると、そこには 幸せすぎる肉の空間が。見てるだけでお腹が空いてきた。早速実食したい。

 

 

 

旨味のある牛、トロトロの豚。

 

 

新潟のブランド牛、あがの姫牛はすき焼き風に甘辛く仕上げてある。味のよく染みた甘辛い牛肉に、生姜の風味が効いていて美味しい。玉ねぎ、糸こんにゃく、ごぼうのシャキシャキが絶妙。

 

 

一方、もち豚は贅沢な大きさの角煮と、ゴロゴロ食感が美味しい甘酢味の肉団子。角煮は頬張ると幸せの味。豚肉のトロっとしたこってり脂身が好きな人は絶対好きな味。

 

 

肉団子も食べ応えあって美味しい。

 

 

 

 

結論:新潟の肉は牛も豚も美味い。

 


食べた感想は
「肉が好きな人は十中八九、気にいるだろう」、という駅弁。まずは味付け、しぐれ煮の絶妙な甘辛い味付けは比較的さっぱりして食べやすく、一方の角煮や肉団子はこってり味でボリューム満点。大人から子供まで年齢問わず好きだと確信した。

 

白米と錦糸卵と甘辛い味付けの肉が、合わないわけがない。新潟を味わいたい、でも海鮮より肉が好きだ、という方は是非おすすめしたい美味しい駅弁だ。

 

 


美味しさ ★★★★☆
価格 ★★★☆☆
リピートしたい度 ★★★★★
肉好きに勧めたい度 ★★★★★

 

個人的にお肉が好き、ということもあり大変満足な駅弁だった。ボリュームもあるので、男性の方も大満足だろう。やや値段はするが、新潟の美味しい肉を食べ比べできると思えば悪くない価格だと感じた。

 

 


【駅弁情報】
商品名:あがの姫牛VS越後のもち豚
価格:1,250円(税込)
販売駅:新潟駅
販売元:神尾弁当

 

 

 

 

海老、えび、エビ「海老づくし」。

 

もう一つの駅弁は「新潟 海老づくし」。三種の海老のお惣菜が詰まった、海老好きにはたまらない駅弁だ。

 

 

赤いツルんとしたパッケージは、料亭のご飯を連想させる。

 

 

開けるとビックリするほど「海老づくし」な内容。赤海老煮、海老しんじょ、そして醤油ご飯にはえびの刻み煮が敷き詰められている。贅沢だ。

 

 

 

 

海老を堪能する。

 

 

まずは目を引く、赤海老煮甘い出汁がジュワっと染みていて、醤油ご飯とよくあう。私が食べたのがたまたまかもしれないが、子がプチプチで美味しかった。

 

 

次に海老しんじょ。私的にかなりヒットだったのだが、甘くふっくらとした仕上がりで、何個でも食べられそうなくらい美味しかった。「おつまみ」として、この海老しんじょのみ別途販売して欲しいくらい。

 

 

そして、えびの刻み煮。これが程よい塩加減の醤油ご飯と相性バッチリだ。ご飯だけだとやや辛いが、この刻み煮と頬張ると程よいバランスになる。

 

 

 

 

 

結論:海老しんじょが最高。

 

名前通り、まさに「海老づくし」な駅弁。海老愛に溢れていた。神尾弁当の新作ということで、販売されてからまだ日が浅いのかもしれない。

 

 


美味しさ ★★★★☆
価格 ★★★★☆
リピート度 ★★★☆☆
海老に酔いしれる度 ★★★★★

 

男性には若干量が少なめだろうか。しつこいようだが、個人的には「海老しんじょ」が絶品だった。ふわふわで甘くて海老の香りがふんわり。海老がとにかく好きな人は購入すべき。まさに キング・オブ・海老 弁当だった。

 

 


【駅弁情報】
商品名:海老づくし
価格:1,180円(税込)
販売駅:新潟駅
販売元:神尾弁当

 

 

 

 

 

 

新潟駅の駅弁購入はコチラ

 

 

新潟駅の万代口改札前の売店で今回は購入。他に「東口改札口前」と「新幹線 13、14番線ホーム東京方面」でも駅弁を販売しているので、時間と行き先にあわせて購入してください。

 

 


【店舗情報】
たび御膳 万代口店
場所:JR新潟駅万代口改札前
TEL :025-290-5910
営業時間:AM8:00~PM21:30 

 

 

まとめ:神尾弁当もいいね。

 

新潟の駅弁は海鮮ばかりが有名だが(海老も海鮮だが)、こういう肉!海老!に特化した駅弁もいいなと感じた。

 

 

明治三十年の創業の神尾弁当、今回は新しい駅弁を紹介したが「さけずし」や「越後五目ずし」など、創業当初からの駅弁も揃っている。ちなみに、新潟の美味しい駅弁屋さん「新発田三新軒」の紹介記事はコチラ

 

 

 

以上、駅弁ライターのくろいしでした。また次の記事でお会いしましょう!

 

 

 

取材・文:くろいし
写真撮影:くろいし

こちらも合わせてチェック

記事で紹介した駅弁

たび御膳 万代口店
たび御膳 万代口店
住所 〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1丁目1−1 JR新潟駅 1F
電話 025-290-5910
ホームページ https://www.niigata-sanshinken.co.jp/products/
営業時間 8時00分~21時30分
定休日 年中無休
閉じる

\食べたい!行きたい!と思ったら『いいね』お願いします!/

この記事をSNSでシェアしよう

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

2019/02/01
  • あがの姫牛
  • あがの姫牛VS越後もち豚
  • もち豚
  • 新潟
  • 新潟駅
  • 新潟駅弁
  • 海老
  • 海老づくし
  • 海鮮弁当
  • 神尾弁当
  • 肉弁当
  • 越後もち豚
  • 駅弁

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

RANKING

今週の人気記事

駅弁POST

Translate »