TOP > 【金沢駅 Part2 】見た目も豪華な「利家御膳」で、加賀藩の歴史と金沢の郷土料理を味わってきた。

【金沢駅 Part2 】見た目も豪華な「利家御膳」で、加賀藩の歴史と金沢の郷土料理を味わってきた。

 

 

皆さん元気ですか駅弁ライターのくろいしです 。

 

 

今回の駅弁は、石川県金沢駅の駅弁「Part2」をお届けする。海の幸が激ウマな「Part1の記事はこちら 

 

この日は「特急 しらさぎ」に乗車し金沢駅を出発し、福井へ。座席は広く内装も綺麗で、ゆったりとした旅を楽しむことができる。

 

 

 

金沢駅の駅弁は「あんと」

 

土産物から弁当まで、幅広いラインナップで観光客をもてなすのが、駅構内のショッピングモール「金沢百番街」にフロアを構える「あんと」。この日も開店15分前には行列ができていた。

 

「あんと」東口を入り、すぐ左手に現れるのが、明治 31年創業の大友楼」。駅弁の他に料亭も手がけており、金沢の郷土の味を伝え続けている老舗だ。

 

 

店内には、どれも華やかで彩り豊かな弁当が並び、つい目移りしてしまう。今回は大友楼で一番人気「利家御膳」を購入した。

 


【店舗情報】
大友楼
場所:〒920-0858  石川県金沢市木ノ新保町1-1あんと62
TEL :076-260-6335
営業時間:8:30~20:00

 

 

 

 

加賀藩の駅弁「利家御膳」

 

この駕籠(かご)を模った、可愛らしい駅弁が「利家御膳」。加賀藩主の前田利家にちなんで作られた、チャーミングな見た目だ。

 

籠の持ち手の部分は、このように「箸入れ」になっている。箱には、梅の花びらを模った家紋があしらわれている。

 

開封すると、このような挨拶文と弁当の説明書が目に入る。「加賀藩主が宴の席で食べていた献立」を元に作られているそうだ。大友楼さんの気配りを、ほっこり垣間見ることができる。

 

 

 

豪華な品々に心踊る

 

外観に負けず劣らず、中身も鮮やかで豪華である。2段弁当の1段目にはご飯ものとデザート、2段目におかずという構成だ。

 

まず1段目から実食。ヒョウタンをかたどった白ご飯と、梅をかたどった炊き込みご飯。炊き込みご飯は意外と薄味で、おかずと食べる分にちょうど良い。

 

 

こちらは、同じく梅を模した練り菓子。しっとりしていて、中にはあんこが入っていた。デザートがついているのは、甘いもの好きには嬉しい点である。

 

 

次に2段目。見ているだけでワクワクするような、美味しそうなおかず群が並ぶ。「味は美味しいが見た目は地味」な弁当が多い中、この見栄えに対する心遣いは素晴らしいものがある。テンションが上がってきた。

 

弁当のメイン料理である「治部煮」。あまり馴染みがないが、鶏肉をすだれ麩(ふ)や野菜と煮合わせた金沢市の代表的な郷土料理だ。具材は鶏肉、花形のお麩や椎茸、ほうれん草など。とろみのある甘辛い庵に、わさびがツンと聞いていて美味しい。

 

おかずも一つ一つ丁寧に作られている。魚肉ボールは甘辛いふんわり味、鶏肉の入ったはさみ揚げは蓮がシャキシャキだ。焼きかまぼこもしっかり甘い味付けで美味しい。焼き鮭の塩しょっぱさも、ちょうど良い。

 

こちらは昆布と煮られた中華イカと、昆布じめだ。噛めば噛むほど、イカの旨味が出てくる。上下段合わせて、本当に一品一品が美味しい駅弁だった。

 

 

 

結論:「大友楼」の真心が詰まった美味しい駅弁

 

金沢の良さや魅力を、見た目にも味にも反映させたレベルの高い駅弁だった。石川へ旅行する友人に、自信を持ってお勧めできる一品だ。

 


美味しさ ★★★★☆
価格 ★★★★☆
リピート度 ★★★★★
誰かに自慢したくなる駅弁度 ★★★★★
.

 

品書きのラインナップは、金沢の個性を詰め込もうという作り手の郷土愛が感じられる。オカズもよく見ると、他の駅弁ではなかなか味わえない個性的な品が多い。そして、何より素晴らしいのは見た目の愛らしさだけでなくきちんと味が良いということ。旅のお供に、何度でも買いたくなるような駅弁だった。このクオリティで1,000円は破格だろう。

 


【駅弁情報】
商品名:利家御膳
価格:1,080円(税込)
販売駅:金沢駅
販売元:大友楼

 

 

 

 

 

まとめ:北陸旅行のお供にしたい駅弁

 

特急に揺られ、のどかな景色を眺めながら美味しい駅弁に舌鼓を打つ。そんな「旅の醍醐味」を演出するにふさわしい駅弁だった。特に、優しい味の治部煮は格別に美味しかったなあ。

 

 

ちなみにデザートだが、ネットで調べると「大福」の時期もあるよう。是非、実際に購入してチェックしてみて欲しい。味も見栄えも価格も万歳な、駅弁「利家御膳」。金沢の歴史の匂いを感じられる一品 であった

 

 

以上、前田利家ゆかりの地、金沢駅より 駅弁ライターのくろいしでした。また次の記事でお会いしましょう!

 

取材・文:くろいし
写真撮影:くろいし

こちらも合わせてチェック

記事で紹介した駅弁

大友楼 金沢百番街あんと店
大友楼 金沢百番街あんと店
住所 〒920-0858石川県金沢市木ノ新保町1-1あんと62
電話 076-260-6335
ホームページ http://www.ootomorou.co.jp/
営業時間 8:30~20:00
定休日 年中無休
閉じる

\食べたい!行きたい!と思ったら『いいね』お願いします!/

この記事をSNSでシェアしよう

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

2019/02/17
  • おにぎり
  • かまぼこ
  • デザート
  • わさび
  • 利家御膳
  • 前田利家
  • 卵焼き
  • 可愛い
  • 大友楼
  • 治部煮
  • 石川
  • 金沢駅
  • 金沢駅弁
  • 鶏肉

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

駅弁POST

Translate »