TOP > 日本初の鶏めし弁当!鳥栖駅で「かしわめし」を食べてきました!

日本初の鶏めし弁当!鳥栖駅で「かしわめし」を食べてきました!

こんにちは、かねひらこよりです!🐤

今回は九州旅第2弾!佐賀県にきました!佐賀県は駅弁の販売駅が多かったので、鳥栖駅、武雄温泉駅有田駅にいってきました。各リンクで飛べますので、是非読んでみてください!👀

 

鳥栖駅・中央軒

佐賀県・鳥栖駅にやってきました!昔ながらな駅の雰囲気でテンションが上がります!✨

早速、駅弁を買いに行きましょう!

 

今回は駅のホームにある中央軒の売店で購入しました!売店も昔ながらな雰囲気があっていいですね~👍

 

メニューの張り紙にも味があります!この鳥栖駅は九州鉄道開業時より現存する九州最古の駅の一つだそうです。

 

 駅弁は売店の前に並べられています。 どれもパッケージのデザインがレトロ風でかわいいです💕

 

改札を出たところにも売店がありました!こちらにも同じラインナップの駅弁が売られています。

 

また、中央軒は九州で初めて「立ち食いそば」をはじめたと言われているそう。駅弁の「かしわめし」と同じ甘い鶏肉煮がのった「かしわうどん」が人気らしいので、時間があるときは食べてみるのもいいですね!

 

かしわめし(700円)

かしわめしを買いました!レトロなパッケージにかしわめしの説明が書かれています。こちらの鳥栖駅は大正2年に、駅弁として日本で最初に「かしわめし」を販売したそうです。

 

鮮やかな3色の彩りがとても綺麗です!✨(錦糸玉子が少し散っちゃってますが…)

 

味付け鶏肉煮を一口食べると、脂がのっていて美味しい…!見た目以上にジューシーで甘い出汁が染みています!😋

また、鶏肉と鶏ガラを長時間煮込んでスープを取り、醤油、みりんなどで味付けした出汁でお米を炊いているのが味の決め手だそうです!ご飯にも味がしっかりとついているので、鶏肉煮と合わせて箸が進みます。

 

同じく鳥栖駅の中央軒で人気の焼売も入っています!しっかりと身が詰まっていて、味のクオリティがとても高いです!温めなくてもジューシー!

売店では蒸し焼売も販売されているそうです。これからの寒い時期には持ってこいですね!◎

 

お弁当はこのぐらいの大きさです。ぎっしりとかしわめしが詰まっていて、結構お腹いっぱいになりました!お昼ごはんにちょうどいいサイズでしたね🎵

 

昔ながらの駅の魅力

鳥栖駅は昔ながらの駅の雰囲気を感じられて、旅にきた!という感じがしました🚋

売店の店員さんや乗客の方々の雰囲気も温かく、とても良い駅でした!

鳥栖駅周辺の観光紹介ではさらに昔ながらの魅力をリポートしているので、是非読んでみてください!✅

 

取材・文:かねひらこより
写真撮影:かねひらこより
https://twitter.com/coyocheck

こちらも合わせてチェック

記事で紹介した駅弁

中央軒
中央軒
住所 佐賀県鳥栖市京町729
電話 0942-82-3166
ホームページ http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/
営業時間 【改札口横】
7:00~19:00
【1番・2番ホーム】
10:00~18:00
【3番・4番ホーム】
休業中
【5番・6番ホーム】
7:00~21:00
定休日 無休
閉じる

\食べたい!行きたい!と思ったら『いいね』お願いします!/

この記事をSNSでシェアしよう

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

2018/12/18
  • 3色
  • かしわめし
  • 元祖
  • 日本初
  • 昔ながら
  • 焼売
  • 鶏めし

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

駅弁POST

Translate »