TOP > 松本駅

松本駅

 

 

今朝、コンタクをを無くしました。駅弁ライターのくろいしです 。

 



今回は、歴史ある信州の地「長野県松本駅」より、徒歩で回れるおすすめ観光スポットをご紹介する。

 

松本城や松本市立美術館を始め、徒歩圏内に魅力的な観光地が数多く揃う松本駅。隙間時間が3時間もあれば、十分に回ることができるモデルコースをお届けしたい。

 


【目次】
1. 松本城
2. 四柱神社
3. 中町通り
4. 縄手通り 商店街
5. 松本市美術館

 

 

 

 

1. 松本城

 

最初にご紹介するのが、松本市のシンボルマーク「松本城」。現在、天守の建物を残す城は日本に「12」しかなく、さらにそのうち五重の天守を持つのは姫路城とここの2つだけらしい。国宝に指定されている。

 

天守閣の中まで入場することができ、拝観料は大人610円、子供が300円。中では城の内部を楽しめるほか、戸田家伝来の武具や諸資料などを見ることができる。

 

青空をバックに、湖に映った城の姿はなんとも美しい。訪れるとわかるのだが、写真で見るより近い位置から松本城を眺めることができ、その迫力は満点。白が綺麗に撮影できる写真スポットも多いので、是非実際に行ってみて欲しい。

 


【施設情報】
松本城
場所:〒390-0873  長野県松本市丸の内4−1
TEL : 0263-32-2902
営業時間:8時30分〜16時30分
施設HP:http://www.yawataya.co.jp/

 

 

 

 

 

2. 四柱神社

 

野随一のパワースポットと名高い「四柱神社」。この神社「すべての願いごとが叶う願いごとむすびの神様」がいることで有名な、もはやチートのようなすごい神社として人気。この日も願いを叶えたい観光客で賑わっていた。

 

色とりどりの可愛らしいお守りが並ぶ。庭には「縁結びの松」という二股の松があったりと(二股で縁結びで良いのか疑問を持ったが)縁起の良さで溢れている神社だった。

 

松本城からも、徒歩5分程度でいける四柱神社。観光目的以外に、何かを祈願して訪れれば、神様のご利益がありそうだ。何か叶えたい夢がある人、成就させたい思いのある人は、パワーを分けてもらいに足を運んでみて欲しい。

 


【店舗情報】
四柱神社
場所:〒390-0874  長野県松本市大手3丁目3−20
TEL : 0263-32-1936
店舗HP:http://www.yawataya.co.jp/

 

 

 

 

3. 中町通り

 

時代をタイムスリップしたかのような、白壁に黒い瓦造りの建物が立ち並ぶ風景を楽しめるのが「中町通り」。カフェや土産屋、個性的な雑貨店など数々が揃う。

 

そんな中町通りにどっしり佇んでいるのが「中町・蔵シック館」。松本城下町の観光スポット「中町」のシンボル的存在であり、観光地としては勿論、地元の展示会や催しものなど文化発信の拠点でもある。中に入ると、高い吹き抜けの天井にうっとりする。

 

松本市の昔懐かしい下町の良さを、今尚色濃く残す中町通り。この日も雑貨選びや松本グルメを楽しむ人々で賑わっていた。松本城や四柱神社からも徒歩で5、10分程度の好立地だ。帰りがけにぶらぶら立ち寄ってみては。

 


【施設情報】
中町通り
場所:〒390-0811 長野県松本市中央3丁目2−14
TEL : 0263-36-1421
施設HP:https://daihongan.or.jp/

 

 

 

 

 

4. 縄手通り商店街

 

露店がずらりと並ぶ、小さな商店街「縄手通り」。明治以降に松本城下の南端の外堀を埋め立て、盛り場として整備したそう。商店街の入り口には、シンボル的存在の「超巨大・カエル像」が出迎えてくれる。

 

歩いていると目につくのはカエル、カエル、カエル、カエル、、、至る所にカエルがいる。カエルまみれの理由は、商店街のすぐ脇を流れる「女鳥羽川」に、昔沢山の「カジカガエル」が生息していたことに由来するそう。

 

 

商店街は昔ながらの駄菓子屋や土産物屋など、レトロで楽しい商店がずらり。また道の途中には「カエル大明神」が祀られる小さな神社があり、可愛いカエルの絵馬がぶら下がるなど、正にキングオブ・蛙スポットだと確信した。女子大生のグループをちらほら見かけたなあ。皆さんも是非、カエルと戯れて🐸🐸。

 


【施設情報】
縄手通り商店街
場所:〒390-0874 長野県松本市大手3丁目4−3 松本M―1
HP:https://www.nawate.net/
.

 

 

 

 

5. 松本市美術館

 

最後に紹介するのが、ファッショナブルな水玉模様が特徴的な「松本市美術館」。この個性的な外観は、あの有名デザイナーの(私も大好きな)「草間彌生さん」がプロデュースしている。

 

美術館前には、超巨大な水玉があしらわれた花のオブジェ。毒々しくもポップな風貌が、草間さんらしさを覗かせている。インスタ映え抜群なので、写真好き男女は、是非とも足を運ぶべき。

 

館内は常設展がいくつかと、時期ごとに特別展をやっていたり。私的には常設展示である「魂のおきどころ 草間彌生」が圧巻。そのスケールの多きさや、狂気のようでポップさや可愛らしさも会まえる山本ワールドを存分に堪能できる。展示写真NGでお伝えできないのが残念だが、まじで自身の目で見に行って欲しい。

 

お洒落な外観に始まり、充実の展示で入場料は大人410円、大高生は200円で楽しむことができる。まるで異空間のような赤い水玉の世界で、草間彌生の世界にどっぷり浸ることが出来る。

 


【店舗情報】
松本市美術館
場所:〒390-0811 長野県 松本市中央4丁目2−22
TEL: 0263-39-7400
営業時間:9:00〜17:00
休館日: 月曜日
施設HP:http://matsumoto-artmuse.jp/

 

 

 

 

 

 

まとめ:歴史情緒に触れられる松本観光

 

徒歩兼内に、楽しい観光スポットが目白押しな松本駅。今回紹介したスポットは、全てそれぞれの観光地から徒歩5〜10分以内と好立地。各々の時間に合わせ、好きなペースで回りやすいのが嬉しい。

 

 

松本城で歴史的名所を堪能し、四柱神社で縁結び中町や縄手通りでぶらぶらと街並みを楽しみ、松本市美術館で現代芸術に圧倒される。そんな松本の魅力を良いとこどりした、おすすめ観光コースであった。

 

 

 

以上、自然豊かな城下町、松本駅より駅弁ライターのくろいしでした。また次の記事でお会いしましょう!!

 

 

取材・文:くろいし
写真撮影:くろいし

記事で紹介したスポット

松本駅
松本駅
住所 長野県松本市深志一丁目
電話
ホームページ
営業時間
定休日
閉じる

この記事をSNSでシェアしよう

えきべん女子編集部です。

全国のおいしい駅弁の魅力を伝えるためにこのサイトを始めました。

RANKING

今週の人気記事

駅弁POST

Translate »